CATEGORY

レビュー・感想

  • 2024年3月30日

世の中は真っ当過ぎて誰が遊ぶんだよこんなのと思う作品がないと息が詰まる

真面目に記事を書いても見られないし、いっそめちゃくちゃしてやろうとキーボードを叩いています。書きたくなっちゃったから仕方ないね。今回はジーパンの裾を捲るだけのゲームでも紹介しましょうか。 『Turn up jeans』は方向キーを入力して、ジーパンの裾を織り込むだけの作品。ゲームといえばゲームだし、 […]

  • 2024年3月19日

かわいいだけじゃない、でも、かわいい。猫耳少女×メトロイドヴァニア『にゃるるファイト』を紹介

『メトロイドヴァニア』と聞くと、何かと硬派な印象を持つ人も多いと思います。そうでなくとも、中身がギッシリしているものは少なくありません。個人的にそういうのが好きです。今回は、そんなゲームの一つである『にゃるるファイト』をご紹介します。 『にゃるるファイト』の概要 『にゃるるファイト』は2023年にs […]

  • 2024年3月17日

【同人乙女ゲープレイしよ!】さいこうのバッドを楽しめる『かぐや姫の末裔』

あきら こんにちは!同人乙女ゲーのおすすめを語る第2回がやってきました! あきら 今回ご紹介するのは『かぐや姫の末裔』です! バッドでダークで闇は乙女ゲーの華! あきら 皆さん!バッドをエンジョイしてますか! 突然かと思いますが、この世には恋の果てに地獄を見たり、美しい場面で引き裂かれる恋人達に興奮 […]

  • 2024年3月15日

文化・クリエイティブ・マキビシコミック

「ゲームは文化」と聞いたことがある。確かにそうかもしれない。でも文化ってなんだろう。なんとなく分かるけど、ちゃんと分かっていない気がする。 「文化庁メディア芸術祭アート賞」の受賞歴を持つ『マキビシコミック』のリマスター版が、17年の時を経て発表された。なんか良く分からないけど、なんとなくクリエイティ […]

  • 2024年3月11日

【クリアの後で。】画面を埋め尽くす魔法で敵をなぎ倒すローグライクアクション『Spell Diskレビュー』

クリアしたゲームの余韻に浸りながらキャッチーなレビューをお届けする『クリアの後で。』 第14回はシナジーパワーで敵を圧倒する爽快ローグライクアクション、Spell Disk(スペルディスク)です! 基本システム:豊富な魔法×ディスクで最強シナジーを生み出す 『魔法(スペル)』と『ディスク』は本作の最 […]

  • 2024年2月24日

多面的な要素で美しい世界観を作り出すドット絵アクションADV『フェノトピア』を紹介

いきなりですが、『フェノトピア』という作品をご存じでしょうか。美麗なドット絵の高難易度アクション、というイメージを持っている人は多くても、まだ未プレイの方も少なくないはずです。 この記事では、筆者の大好きなフェノトピアについて、良い部分と悪い部分に触れながら紹介します。気になっていたけど遊ぶ機会を逃 […]

  • 2024年2月23日

【クリアの後で。】農業と料理と幸せがその町にはある『イーストワードDLC[よみがえれ!カモメ町]レビュー』

クリアしたゲームの余韻に浸りながらキャッチーなレビューをお届けする『クリアの後で。』 第13回はアクションアドベンチャーから農業ライフシムへと変貌を遂げた『イーストワード』のDLC『よみがえれ!カモメ町』です! キャラクター:パラレルワールドならではの掛け合いが魅力 舞台となるカモメ町は並行世界に存 […]

  • 2024年2月20日

フリーゲームを触るきっかけとなった笑えて泣ける思い出のRPG『きらきら星の道しるべ』

フリゲは宝の巣窟。多くの方に知られていない作品でも、素晴らしい名作に溢れています。 この記事では、私をフリーゲームの世界に導いてくれた思い出深い作品、POPOさんの「きらきら星の道しるべ」を紹介します。 かわいくてヘンテコ、けど優しいキャラクター 本作はRPGツクールVXACEで作られた「ほのぼの短 […]

  • 2024年2月16日

『The Life and Suffering of Sir Brante』苦悩し、選択せよ。あらゆる相克の中で。

※本記事は、PCOT、XUnity.AutoTranslatorといった自動翻訳ツールなどを使用して遊んだ体験に基づいて書かれています。 初めてゲームで”選択”を意識したのは、ポケモンで最初の一匹を選ぶ瞬間だ。 あの選択がなぜ印象深いのか。思うに、三者択一だったからだろう。ヒトカゲを選ぶなら、ゼニガ […]

  • 2024年2月13日

【クリアの後で。】80年代PCゲーム風ハクスラダンジョンRPG『METRO QUESTERレビュー』

クリアしたゲームの余韻に浸りながらキャッチーなレビューをお届けする、クリアの後で。 第12回は漫画家・萩原一至氏が世界観を構築し、加藤ヒロノリ氏がゲームデザインを担当した80年代PCゲーム風ハクスラRPG『METRO QUESTER(メトロクエスタ―)』です! ダンジョン:限られたリソースでマップを […]